新規投稿 ┃投稿一覧 ┃トピック一覧 ┃個人設定  

35 / 74     ←次へ | 前へ→


前半開始10分まで、あのイケイケ軍団の京都成章が緊張感と規律のある生真面目なディフェンスで桐蔭のアタックをほぼ完ぺきに止めます。崩れません。佐藤君と青木君も何もできません。
この2人のスペシャルなアタックは得点に直接結びつきます。この2人を止めれば桐蔭の得点はそんなに伸びない。
京都成章が勝つにはこの2人を止めている間に点をたくさん取ることでした。
しかし桐蔭ディフェンスのプレッシャーが強く京都成章はアタックでミスが多発します。これは予想外でした。
京都成章のアタックは引き出しが多く、素晴らしいものがあります。調子に乗ったら手が付けられません。しかしこの試合は桐蔭のディフェンスが京都成章のアタックを余裕で上回っていました。京都成章は今まで来たことのない新しい決勝という場所で余計な緊張をしたのかもしれません。
結局、京都成章はアタックでリズムをつかめず、ディフェンスばかりになってしまい、そのうち例の2人にやられ、そしてやられました。
私はこの試合は桐蔭ディフェンスの勝利だと思います。

桐蔭は花園で強くなった。
県決勝では何もアタックできなかったのに。
でもよく考えたら桐蔭というチームはいつもこうなんですよね。斎藤君のときもそんなに強くないかなと思ったら決勝まで行きました。桐蔭というチームは県の決勝まではラグビーの基本だけで戦うんですよね。

桐蔭で例の2人を除いて今回の花園で目立ったのはフッカーの中山君。大外ですごくいい仕事します。自分で前に行くことも、パスもできる。相手の出方に合わせていろんなプレーができます。パンチもあります。この人も青木君と同じですでに大人のプレイヤーです。
秋浜君のセンターもよかったです。常に体が前に向いてるのがいい。ステップの基本です。決勝のプレーはなかなか良かったです。
プロップの田中君はあのでかい体を十分に使って、きつい所に常に顔を出していい仕事してました。
それからやはりフルバックの矢崎君。ボールリサイクルが命で余計なことは許されない桐蔭ラグビーの中で余計なことをしちゃう1年生。なかなか面白い存在です。彼は、生真面目な桐蔭ラグビーのよいスパイスになると思います。

藤原監督も、勝ち負けを超えているところを目指しているような感じになってきました。
桐蔭はどこまで進化するのか。

桐蔭学園、おめでとうございます!


引用なし

パスワード



<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/87.0.4280.88 Safari/537.36@ZM073152.ppp.dion.ne.jp>
・ツリー全体表示

【41】第100回高校ラグビー決勝 桐蔭学園対京都成章 ひつじのじ 21/1/9(土) 23:31
【42】Re:第100回高校ラグビー決勝 桐蔭学園対京都成章 らいなあ 21/1/10(日) 21:49

35 / 74     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃投稿一覧 ┃トピック一覧 ┃個人設定  

 9940
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b2